どこの銀行にお金を預けたら良いか悩んでる方へ

投稿日:


みなさん、こんにちわ。
ファイナンシャルコンシェルジュのJunyaです。

 

今回は、「どこの銀行にお金を預けたら良いか悩んでいる方へ」です。


もし以下の項目で一つでも該当される方は、預金の預け先を変えることをオススメします。

①同じ銀行に預金を1000万円以上預けている
②アパート等の投資物件を購入するため、お金を借りることを検討している
③ネットバンクを利用していない
④外貨預金をしていない

それでは理由についてお話ししていきます。

①同じ銀行に預金を1000万円以上預けている

これはペイオフをうまく活用して資産を守るということです。
※ペイオフとは、金融機関が経営破たんした場合、預金保険機構によって預金者へ払い戻しを保証する制度のことを指します。ただし、支払い保証には上限があり、2002年4月からは定期預金及び定期性預金について、さらに05年4月からは普通預金についても、預金者1人当たり元金1000万円までとその利息のみに制限されています。そのため、「1000万円を超える預金は保護されない」ということをペイオフと呼ぶ場合もあります。

1000万円以上の預金を同じ銀行に預けていると、銀行が経営破綻した場合、お金を失うリスクがあります。どの企業も絶対に安心ということは言えない時代ですので、まずは資産分散、資産保全を意識しましょう。


②アパート等の投資物件を購入するため、お金を借りることを検討している

この場合、地方銀行(又は都市銀行)よりも地元の信金や信用組合に預金をしている方が優位に立てる場合があります(ケースバイケースですが)
これは起業する時も同じで、地方銀行の取引も信用上合った方が良いですが、信金や信組と密に取引をしていると、良いことがあります(これは余談なので、詳しく知りたい方は個別にご連絡下さい)。


③ネットバンクを利用していない
ネットバンクは使いこなれば様々な取引で優遇されています。まず街中の銀行よりも預金金利が高いです。一定の取引条件を満たせば、時間外や土・日でも手数料が掛からなかったり、振込手数料等も無料だったり、特定の野球チームやサッカーチームが優勝すると金利が上がったりします。預金金利がほとんど付かないのに時間外手数料を払っただけでマイナスになるのはかなり痛いですよね。


④外貨預金も検討する
資産分散の意味もありますが、やはり金利が日本円の金利よりも高いです。ただし、為替リスクがあることや、ペイオフが対象外であることと等、日本円をそのまま預ける感覚では危険です。じっくり見極めてみてください。


では逆に、預金の預け先を変えない方が良いケースをお話しします。
それは目先の金利だけを意識して預け先を変える事です。

理由は、A銀行が預金金利0.01%で、B銀行が0.02%だったとして、B銀行の方が若干金利が高いからという理由で預金を移してもほぼ何も意味が無いからです。

仮に1000万円預金をしても、A銀行は1000円、B銀行は2000円の利息しか年間に付与されません(更に税金が引かれます)。

にも関わらず、事前に銀行に連絡してお金を用意してもらうとか、振込した場合は振込手数料が掛かるとか、現金で持ち運ぶ際に窃盗される可能性もなくはありません。


たかがこれだけしか付与されない利息を得るために多大な時間や労力を掛けて預け先を変えるのであれば、今の家計で無駄な支出は何かないかをじっくり考えたり、不用品をネットで売ったり、本業とは別に副業を始める等、時間の有効活用をした方が確実にお金は増やせます。


後は自身で投資の勉強をして、資産運用を始めるのも有効的です(勿論リスクや確実なのものではないですが)。

因みにこれまでお読みいただいた方の中では、給与振込がされいる地方銀行やゆうちょ銀行は利用しない方が良いのかという疑問もあるかと思いますが、決してそうではなく、6か月程度の預金を入れておく(流動的な資金)ことをオススメします。地方銀行やゆうちょ銀行であれば郊外でなければどこにでもATMはあるので、流動的な資産を預けるのであればオススメです。


いずれにしてももし預金の預け先に迷われているのであれば、一度上記を試してみては如何でしょうか!?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

銀行員として主に個人の窓口業務(住宅ローン・投資信託、生命保険販売)を約10年従事した年間300件以上の個別コンサルを行っている独立系ファイナンシャルプランナーのJunyaが、家計改善プランや住宅ローンのアドバイス、資産保全、資産運用、生命保険の見直しに適切にお答えします。

ご興味ある方は下記申込ページからお問い合わせの上、個人コンサルをお申し出ください。
    ↓
個別相談の申込こちら

お知らせ

1

この度、トータルライフコンシェルジュの当ホームページが札幌スマイルパートナーズの一員となりました。 ↑地下鉄や公共機関に記載されている、このマークのことです。 ロゴをクリックすると、公式サイトに繋がり ...

2

\トータルライフコンシェルジュでは 講義・講演・セミナーなどの講師依頼を募集しています/      トータルライフコンシェルジュでは、マネーと整理収納をテーマにした一般向けのセミナーを札幌市 ...

-ファイナンシャルコンシェルジュ, 新着情報
-

Copyright© TOTAL LIFE CONCIERGE , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.