日本人にありがちな投資の誤解

投稿日:


みなさん、こんにちわ。
ファイナンシャルコンシェルジュのJunyaです。




今回は、「日本人にありがちな投資の誤解」についてお話しします。
私が思う日本人の投資の誤解について3つまとめてみました。


①投資は怖い、危ない、ギャンブルだと思われている
ある定年退職をしたばかりのAさんという老夫婦の話を例に出します。

Aさんは小、中、高、大学と順調に進学しました。
学生時代は優秀でスポーツも勉強もできたのです。

しかしながら学校ではお金を学ぶ機会が無く、お金については一切勉強してきませんでした。

その後Aさんはお金のことを学ぶ機会が無く、大人になり、就職活動をして無事就職することができました。ここから会社で働き、自身の時間と労働を対価にすることでお金を貰うということが当たり前だと考えるようになります。

Aさんは、多くの日本人と同様に一生懸命働かないとダメという考え方を持ちはじめ、これらが要因で投資で増やすという所謂楽してお金を増やすといった思考(実際は投資で増やすのも大変な労力が必要です)を持てずにいたのです。

そして定年まで会社員を全うし、投資に触れることなく定年を迎えます。この時ようやく働かないで楽ができると考えるようになりました。この楽ができるという思考を持ち始めた時にはじめて退職金という人生ではじめて手にする大きなお金を持つことになります。

今までそんな大きなお金を持つことが無かったAさんは、お金のことを学ぶ機会が今までほとんど無かった為、そのお金をどうするか悩みます。

「しばらく使い道も無いしどうしようか」とそんなふうに悩んでいたAさんに魔の手が忍び寄ります。

そうです!

どこでその退職金の情報を知ったのか分かりませんが、ハイエナのような営業マンから突然の連絡があるのです。彼らは会社の規模や信用をうまく活用し、言葉巧みにその退職金の運用を勧めてくるのです。

どうせ銀行に預けても利息も付かないしと考えていたAさんは、自分で運用したことも無いことから、自分で考えるのも面倒くさいのでプロに任せようという考えに至り、その怪しい運用の話にのるのです。

しかしながらその商品は粗悪で、結局今まで苦労して得てきたお金を大幅に減らしてしまったのです。


これは実話です。
この手のケースが非常に多く、社会的に問題にもなっています。

そしてこういった投資の失敗例がニュースで大きく報道されることから
「投資は怖い」
「投資は危ない」
「投資はやっぱりギャンブルだよね」
といった誤解がなくならないのです。


②投資はお金持ちがするものと思われている

投資は決してお金持ちだけがするものではありません。確かに20年以上前は証券会社や銀行からでしか投資を始めることができませんでした。更にまとまったお金を持った人しか営業マンも相手にしなかったというところからもこのような考えに至っています。

しかし現在は、毎月小額(数千円程度~)から運用できる積立投資という運用方法があり、誰でも簡単に投資を始められるようになりました。積立投資を始めるにしても積立nisa、iDeCo、変額保険等その方その方のライフプランに合わせた制度や商品も充実しており、今の日本の投資環境は以前と比べてかなり良くなっていると思います。


③積立投資はコストが安い方が良いと思われている

これは良くSNSで見かける事なのですが、積立てるなら「ネット証券の積立nisaでインデックスファンドの運用をすると、コストが安くて良い」というものです。

※インデックスファンドとは、『日経平均株価』や『NYダウ』などの株式指標(インデックス)と同じような値動きをするように作られた投資信託の1つです。投資信託は購入時や保有時に手数料がかかってきます。インデックスファンドにもこの手数料がかかるのですが、インデックスファンドは株価指数に連動するというシンプルな作りのため、運用にかかる手数料が低く抑えられています

この考え方はかなり論点がずれています。投資は手数料が安いから勝てるのではなく、ここの投資先はこうこうこういう理由で確実に利益が出せると確証できるから投資で勝てるというのが正解です。

よく保険を売らないFPが上記のような「低コスト最強論」を発しているケースがあるのですが、実際に投資をしている人であればわかることなので、本当に運用をしたことがあるのか疑問です。


以上が今の日本人の投資に対する誤解です。

投資は今も誤解が多いです。もちろんリスクはありますが、味方に付ければ将来的に豊かになることも可能です。

特に小額から始められる積立投資は誰でも簡単に始められます。

是非ご興味ある方は始めてみては如何でしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

銀行員として主に個人の窓口業務(住宅ローン・投資信託、生命保険販売)を約10年従事した年間300件以上の個別コンサルを行っている独立系ファイナンシャルプランナーのJunyaが、家計改善プランや住宅ローンのアドバイス、資産保全、資産運用、生命保険の見直しに適切にお答えします。

ご興味ある方は下記申込ページからお問い合わせの上、個人コンサルをお申し出ください。
    ↓
個別相談の申込こちら

お知らせ

1

この度、トータルライフコンシェルジュの当ホームページが札幌スマイルパートナーズの一員となりました。 ↑地下鉄や公共機関に記載されている、このマークのことです。 ロゴをクリックすると、公式サイトに繋がり ...

2

\トータルライフコンシェルジュでは 講義・講演・セミナーなどの講師依頼を募集しています/      トータルライフコンシェルジュでは、マネーと整理収納をテーマにした一般向けのセミナーを札幌市 ...

-ファイナンシャルコンシェルジュ, 新着情報
-

Copyright© TOTAL LIFE CONCIERGE , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.