独立系ファイナンシャルプランナーについて


独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)とは?

独立的な立場から資産運用や生命保険のアドバイスをする専門家です!


日本では資産運用の相談や商品の購入先は銀行や証券会社の窓口や担当者に相談するのが一般的です。
またFPなどの専門家に相談するケースもありますが、FPは実務家ではなく個別具体的な商品まで踏み込んだアドバイスをすることができません。

IFAは日本では2004年からスタートした仕組みで、まだ認知度が低いのが現状です。
IFAは資産運用のアドバイスから実行までをサポートすることが可能であり、
個別具体的な商品のアドバイスから実務までを実行することができる点でFPとの違いがあります。

一社のみの企業(銀行や保険会社、証券会社等)に属するのではなく、あらゆる金融商品や知識を有し、
お客様のニーズに合ったものをご提案したり、現在加入中の保険や投資信託、住宅ローン等の内容を
セカンドオピニオンとしてアドバイスすることができます。

アメリカでは30年前からIFAは普及し、IFAに相談する事が一般的になっています。
日本の金融教育はアメリカの30年前と言われていることからも、今後IFAが普及されていく
とされています。


更新日:

Copyright© TOTAL LIFE CONCIERGE , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.